TOPページ次ページ前ページ
●、「一緒につくろうふるさと品川:はまの健ミニ講演会開催中

2008/08/02

はまの健の会では、はまのさんの区政や品川に対する考えを身近で聞いてもらうため、「一緒につくろうふるさと品川:はまの健ミニ講演会」を開催していきます。7月24日には、平和坂商店街と地元町会の皆さんにお集まりいただいて、第一回目のミニ講演会を実施しました。40名をこえる方々にご参加いただきました。皆さん熱心にはまのさんの話を聞いていただきました。ありがとうございました。今後も引き続き、開催していきます。
皆さんの地域の方々、グループで、はまの区長さんと話がしてみたい、聞いてみたいという声がありましたら、事務局まで、ご連絡ください。
◎内容 40分ほどのはまのさんのお話と皆さんとの語らい。
◎時間 午後6時30分ぐらいから8時ぐらいまで
◎規模 30人程度を希望します。
※ ご賛同いただき、集いを行いたいという方は、事務局までお電話ください。

●はまの健の会総会「明日の品川を考える集い」

2008/04/11

700人をこえる参加でした!ありがとうございました。
3月29日(土)荏原文化センター・ホールで午後6時30分から開催された総会は、多くの会員が集まり、満員の盛況でした。
  詳細は、http://fight.t-hamano.com/を。
まず、総会が開かれ、石井傳一郎副会長から、開会の挨拶がありました。
石井副会長からは、「はまの支援の輪を広げよう」という挨拶と、「一緒につくろうふるさと品川」というキャッチフレーズが紹介され、総会が始まりました。
次に、はまの健品川区長から、総会にあたっての挨拶がされました。
次に、大場庄之助会長、石井傳一郎、井上裕之、浦山嗣雄さんの三人の副会長のほか、常任幹事の皆さん7人が紹介されました。常任幹事の皆さんは、以下のとおりです。大谷拓男、岡田一郎、後藤せき子、島崎妙子、白柳佐紀子、時田定吉、堀口克己さん。
続いて、幹事13人、会計・会計監事も紹介されました。
幹事は、新井宏師、峰岸岩夫、石垣 豊、石川 瑛、高林正敏、大出好延、村田清重、小島秀男、藤本一郎、馬田英雄、岡宮 保、三橋義一、篠崎一郎さんです。会計は黒川昌廣、会計監事は宮野佳久、伏見敏博さんです。壇上に並ぶ役員の皆さんは、会場の皆さんの拍手で承認されました。
壇上に並ぶ役員の皆さんは、会場の皆さんの拍手で承認されました。
引き続き、今年の事業計画として、@会報の年2回発行と、A講演会の2回程度の開催が報告され、事業計画も拍手をもって承認されました。
第一部<はまの健講演「明日の品川を拓くために」
続いて、はまの健品川区長の講演がありました。30分に及ぶ熱弁に満員の聴衆は、聞き入っていました。

<第二会場:レクホールで映像で参加された皆さん>
ホールは満員となったため、レクホールを第二会場とし、テレビ中継で参加いただきました。
こちらの皆さんも、熱心にはまの区長の話を聴いていました。

総会終了し、はまの区長は、出口で参加者にご挨拶しました。

●はまの健の会(後援会)総会のお知らせ

2008/03/08

品川の明日を考える集い
日時:3月29日(土)
開場:午後6時 
開演:午後6時30分
場所:荏原文化センター(大ホール) 
荏原中延駅下車3分 
品川区中延1−9−15 :рR785−1241
参加費:200円
第一部:講演「いつまでも住み続けられる品川のために」
講師:はまの 健氏
品川区長として就任して1年余が過ぎ、新しい濱野流の区政が出来上がりつつあります。講演のテーマは、応援する私たち後援会の政策のテーマでもあります。
はまの健が考える品川区、住み続けたいまち品川区の姿を語っていただきます。
第二部:津軽三味線連奏集団「響 絃」の演奏会
津軽三味線は豪放・繊細・独特の音色でとリズムで、日本人の魂を呼び起こし心を揺さぶります。津軽三味線連奏集団「響 絃」は迫力の連 奏(合奏)を得意とし、ともすると失われがちな日本(和)の伝統、津軽三味線本来の音色を重視・伝統曲調をモチーフに、生の津軽三味線の魅力を伝えています。

TOPページ次ページ前ページ

- Topics Board -